エクオールと大豆イソフラボンの関係

大豆食品をたくさん食べるとイイかもね

エクオール含有食品と美白・シミの改善

腸内でエクオールが作られていれば、女性ホルモンと似た効果があると言われており、美白やシミの改善に役立ちます。しかし、必要な腸内細菌がいなければ、エクオールが作られません。その対策として、エクオールが配合されている健康食品が販売されており、体内で作れなくてもその効果を得ることが可能になっています。
ただ、美白などに効果があっても必要以上に摂取しないほうがいいです(必要以上の量は健康に良くないですからね)。健康食品ですので、継続的な摂取が必須ですが、バランスを守って摂ることが必要です。

エクオールは女性ホルモンの仲間

エクオールと成人病リスク

エクオールというのは、女性ホルモンの仲間である「エストロゲン」と同じ働きがあることで知られています。しかし、食品からは直接摂ることはできないのです。ただし、大豆食品に含まれている大豆イソフラボンを摂ることで、エクオールの量を増やすことができる場合があります。大豆イソフラボンを変えることができる、腸内細菌を持っている人にのみ増やすことができるのです。
この成分には、成人病リスクから守ってくれるという働きもあります。自律神経のバランスを整え、血液から関係するさまざまな病気から守る働きもあるとされています。

エクオール含有食品と骨密度

エクオールは、大豆イソフラボンが大きく関係していて腸内で作り出す成分です。その活動を活発にするためには、大豆を含んだ食品をたくさん取ることが重要なのです。また、大豆イソフラボンというものは、食べて一日から二日たつと排出されてしまうため、一度にたくさん食べるのではなく、毎日適量を続けて食べることが大切です。
エクオールは、骨からカルシウムが溶け出すのを止める働きがあります。大豆食品の摂取が多い人は、骨密度が高いという結果もあります。しかしながら、エクオールを作れる人とそうではない人がおり、作れないことが分かった方はサプリメントなどを利用するほうが効率が良いです。年齢を重ねるうちに、女性ホルモンが少しづつ減り、骨密度が低下してきます。骨粗鬆症や骨折にならないためにも、上手にこの成分を摂ることを考えましょう。